リノ・ハウスの不動産無料査定

リノ・ハウスの不動産無料査定

まずは買取・仲介の違いを知ろう!

不動産の売却には2つ方法があります。

それは「買取」と「仲介」です。

「買取」は我々リノ・ハウスのような不動産会社が直接買主となり、

お客様の不動産を買わせていただく方法です。

 

「仲介」は我々リノ・ハウスのような不動産会社が

売主様と買主様の「間」に入って、

売却をお手伝いする方法です。

具体的には、広く一般のお客様を探す方法です。

 

買取と仲介。それぞれの特長はこうです。

「買取」とは?

「買取」とは?

買取はリノ・ハウスのような不動産会社が買主となります。

そのため最もエネルギーと労力がかかる

「買主を探す」という行為が省略されるため、

査定依頼から契約・決済までの

一連の流れがとてもスピーディで、

話がまとまれば確実に売れる

というのが大きな特長です。

「仲介」とは?

「仲介」とは?

仲介はリノ・ハウスのような不動産会社が

お客様のために買主を探す方法です。

広告等を活用して、広くお客様の物件を告知して

購入したいお客様を募集します。

仲介は購入希望者を見つけるところから活動するため、

売却まで一定の期間を要します。

ただし、売却金額は買取よりも高くなることが多いので、

少しでも高く売りたいとお考えの方や、

時間的な余裕がある方にオススメの方法です。

「買取」・「仲介」のそれぞれのメリット

  • 買取のメリット
  • 仲介のメリット

1.すぐに現金化可能でスケジュールが立てやすい

すぐに現金化可能でスケジュールが立てやすいリノ・ハウスのような不動産会社が買主のため、売却に一番労力がかかる買主を見つけるという行為が省略されることで、金額が折り合えば売却までの流れがスムーズなのが特長です。売却までのスケジュールが立てやすいということで、「新築や中古住宅購入による住替え」「転勤などで退去のタイミングが決まっている方」「施設やお子さんのところへ行くことが決まっている高齢の方」にはピッタリの方法です。

2.近所などの周囲に知られないよう売却できる

近所などの周囲に知られないよう売却できる仲介の場合、どうしてもチラシやインターネットなどの広告を利用して購入希望者を探す必要があるため、近所の方やお知り合いの方などにお客様の物件が販売中であることが知られてしまうことが往々にしてあります。一方買取の場合は、リノ・ハウスのような不動産会社が直接買主になり広告等を一切行わずに売却できるため、近所などの周囲にしられないよう売却できます。

3.物件の内覧やそのための時間調整が不要

不動産の購入となると、物件を見ないで買う方というのはまずいません。そのため、一度は必ず内覧というのが必要になります。そのために、その都度お客様にご予定を調整いただいて内覧をお願いしたり、知らない方を家に招き入れるということがどうしても必要になります。仲介の場合は避けられない部分ではありますが、買取の場合はリノ・ハウスのような不動産会社が一度拝見すればその後はそういった行為は不要です。

4.引渡後の不安がなく安心できる

引渡後の不安がなく安心できる仲介の場合、買主は一般の方であるため、引渡後に雨漏りやシロアリの被害、水回りの故障などの予期しない不具合が発生した場合、一定期間はその修理費用を払わなければならないという特約をつけて契約することが通常です。そのため、ご自身で気づきにくい先程のような不具合があったとしても、後で高額な修理費用を請求されるということがあります。一方、買取の場合、リノ・ハウスのような不動産会社が買主となるため、そういった不具合が出ても補償しなくてよい条件で引き渡すことができるので、引渡後のリスクもなくご安心いただけます。

5.仲介手数料がかかりません

仲介手数料がかかりません仲介で売却を行う場合、成約時に仲介手数料(400万円以上での売却の場合:売却価格×3%+6万円×税)というのがかかります。これは、事前に広告費や人件費等を不動産会社が先行投資して販売活動をしているので、かかる費用になります。一方買取の場合は、買主であるリノ・ハウスのような不動産会社との「直接取引」となるので、仲介手数料がかかりません。

1.買取よりも高い価格で売却できる

買取よりも高い価格で売却できる仲介の場合の大きなメリットはこの部分です。周辺の事例やお客様の物件自体を鑑みての総合的な「相場価格」を査定時にご提案しますので、そのご提案内容と、お客様のご要望される内容をすり合わせて売却金額を決めていくことが可能です。一般の方が買主となるため、不動産会社の買い取りよりも高い金額で最終的に売却できることが多いです。そのためには、売却までの期間にゆとりがあることが必要となります。ある程度の時間をかけて、できるだけ高い価格で売却したい場合は仲介の方法をお勧めしております。

2.さまざまな意見や感想を聞くことができる

さまざまな意見や感想を聞くことができる仲介では不特定多数の人が部屋を見学にくることがある反面、その見学者から様々な意見・感想を聞くことができます。周辺で売りに出ている物件の情報や他と比べて、自分の物件がどう映っているのか聞くことができます。そういった意見を販売活動に反映させることも可能となるでしょう。

3.スケジュールをゆっくり考えることが可能

スケジュールをゆっくり考えることが可能納得いく価格で売却活動を行う仲介では、住み替えまでのスケジュールをゆっくり考えることも可能となります。引っ越しのスケジュールや案内状の発送、時間にゆとりをもって行うことができます。しかしながら、すぐに売れてしまった場合は、買主からすぐの引き渡しを要望される場合もありますし、逆にゆっくり売却期間を取りすぎると、結果として売れ残り感が出てしまうこともあるので注意しましょう。

いかがでしたでしょうか?

 

「買取のほうがいいな」、「仲介の方がいいかも」と

すでにどちらかに決められている方はもちろん、

まだどちらか迷われている方も、

まずは第一歩として「査定」を依頼してみましょう。

 

査定というのは、

「その物件がいくらぐらいで売れるのか?」

「いくらくらいが相場なのか?」

を教えてくれるサービスです。

 

相場や適正な金額といっても

ご自身ではなかなか想像がつかない方がほとんどです。

 

それを無料でお伝えいたします。

秘密も厳守されます。

もちろん、査定を依頼したからといって

 

必ず売却を依頼しなければならないことは

ありませんので、どうぞご安心ください。

 

まずは下のお問い合わせフォームに

売却を考えている不動産についてお教えください。

親身になってご相談お受けいたします。

こちらの無料査定フォームにご記載ください

(24時間以内にご連絡いたします。店休日除く)