リフォーム済中古住宅のススメ

新築より「安くて」しかも「キレイ」でお得に住めるリフォーム済中古住宅の魅力

リビング・ダイニングの様子

リノ・ハウスでは既存の住宅をリノベーション(リフォーム)を施してきれいに生まれ変わったリフォーム済み中古住宅を取り扱いしています。

新築よりも安くて、キレイに生まれ変わった中古住宅が近年脚光を浴びています。今までの住宅の購入といえばイコール新築という流れが変わりつつあります。その大きな理由として、支払額が新築するよりも安く済むという部分とリフォームされた手ごろな住宅が市場に増えてきている、というのがあります。物件の価格にもよりますが、「今の賃貸の家賃並みで家が手に入る」「今の生活基準を大きく変わらずに綺麗な家に住める」というのが大きな魅力です。

リフォーム済み中古住宅のメリット

新築よりもリーズナブルで、中古よりもキレイ。これは中古リフォーム住宅を選択する大きなポイントです。それでは、賃貸と比較した場合の持ち家のメリットには、どういうものがあるでしょうか?ここでは中古リフォーム住宅を選択した際の主なメリットをご紹介します。 借家暮らしと持ち家、どちらにするかというのは多くの方が悩むところです。また持ち家の場合には新築か中古かという問題もあります。どの選択肢にもメリットがありますので一概にはいえませんが中古リフォーム住宅のご購入を検討中の方はぜひご覧下さい。

メリット①
新築するよりも安い金額でキレイな家に住める!

リフォーム住宅リフォーム済み中古住宅の大きな魅力はここです。土地を買って新築をすると住宅ローンもかなりの額になります。一方リフォーム済中古住宅であれば、今の家賃並みの返済額で新しい家に住めることもあります。家を買ったことによって、外食やレジャー、お子様の習い事などにしわ寄せがいって不自由な部分が増えてしまっては残念です。そういったことを考慮して、最初からリフォーム済の中古住宅のみを探しているお客様も数多くいます。

メリット②
自分たちの思い通りにできる!

ガーデニング思い通り賃貸と大きな違いは「自分たちの家である」ということです。ですので、壁をいじったり、ガーデニングをしたり、カーポートをつけたり、物置をおいたり自由に行うことができます。また賃貸では度々問題になる「音」の問題も安心です。下の階や横の部屋に気を遣って・・・ということも自分の家であれば安心できます。

メリット③
大事な「資産」になる!

資産家を手に入れるということは、イコール自分たちのものになるということで大事な「資産」になります。いざという時に売却したり、賃貸に出して人に貸したりといったことができます。また、賃貸では高齢になってくると亡くなるリスクがあり、大家さんがそういった方を敬遠するケースも増えてきていて、断られたり、入居できる部屋が限られてしまうことが今後ますます予想されます。一方、自己所有していれば、そういった老後リスクもなく一生自分の家に住み続けることが可能です。

リフォーム済み住宅って実際どんな感じなの?

リフォーム済み中古住宅の良さは分かっていただけたかと思います。
それでは、リフォーム済み中古住宅は実際どのくらいリフォームしているのでしょうか?
ここで一例をお見せします。まるでテレビ番組のようにキレイに生まれ変わります!

古いキッチンから最新鋭のシステムキッチンに交換!

古いキッチンから新しいシステムキッチンに入れ替えています。

Before

キッチンbefore

After

キッチンafter

古いタイルのお風呂を足を延ばせるシステムバスに!

昔ながらのタイルのお風呂を今どきの新しいシステムバスに入替えています。

Before

風呂befor

After

風呂after

古いトイレを新しい最新型のトイレに!

型落ちの昔のトイレを、最新鋭のトイレに入れ替えています。

Before

トイレbefor

After

トイレafter

続きの和室を大解放LDKに改造!

昔のお家に多かった連続した2つの和室を、1つの大きなLDKに作り替えて居住性を高めました。

Before

リビングbefor

After

リビングafter

和風の古い戸を、今どきの断熱性能の高い「ドア」にしてオシャレに!

時代を感じる純和風の玄関ドア。ガラス面積が多く断熱性に乏しいかったものを、今風のオシャレな玄関ドアに変更。見た目と断熱性能もアップしました。

Before

玄関ドアbefore

After

玄関ドアafter

和室が多い部屋を、洋室&フローリング中心の部屋に!

和室が中心だった部屋を洋室&フローリングの部屋に変えました。押入もクローゼットになって洋服が収納しやすくなり、収納力もアップしました。

Before

和室before

After

和室after

リフォーム済中古住宅でよくあるご質問にお答えします!

キレイにリフォームされてとっても魅力的なリフォーム済住宅。ここでお客様から良くいただくご質問について紹介します。

 リフォームの内容についてはどの物件も様々なのでしょうか?

中古住宅はまさに「1点もの」になるため2つとして同じものがありません。ですので、物件の状況に応じてその都度リフォーム内容をその物件ごとの「オーダーメイド」に仕上げています。それぞれの物件のリフォーム内容については、物件の詳細ページにて記載しておりますので、そちらでご確認いただくか、ご不明な点はお気軽にスタッフまでお問合せください!

 耐震性についてはどうでしょうか?

こちらも物件ごとに異なりますが、筋交いや耐力壁と呼ばれる耐震性を高めた施工をしたうえで、リフォームをしています。

 水回りについては基本的にリフォームされているのでしょうか?

その物件の現況がどうだったかにもよりますが、おおむね新しいものに入替している物件が多いです。(宅内の配管については一部既存管を利用しています)

 中古物件でも住宅ローンは長期間組めますか?

リフォーム済中古住宅を買うほとんどのお客様が35年の住宅ローンを組まれていますので、ご安心ください。完済時の年齢に一定の限度がある金融機関がほとんどですので、40代~の方は35年組めない方もいらっしゃいます。ご年齢的に該当する方は、どれくらいの期間組めるのかお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

 今の家賃くらいの支払いで買いたいのですが、可能でしょうか?

リフォーム済中古住宅は1500~2000万くらいで販売されているものが多いです。そのくらいの価格になると、諸費用(税金・登記費用など)を合わせてローンを借りたとして6~7万くらいになる方が多いです。あとは、手持ちの資金があればさらに月々の返済を減らすことができます。

q6 物件の価格以外にかかるものは?

物件本体価格以外に「登記費用」「不動産取得税」「仲介手数料(自社物件の場合は除く)」「固定資産税の日割分」「火災保険」「売買契約書印紙代」「銀行への諸費用(保証料・印紙代など)」がかかります。これらを合計するとおおむね150万~200万円程度になります。そちらも含めて住宅ローンとしてお借入れすることが可能です。

q7 購入した後、メンテナンスはどれくらいの頻度で必要ですか?

「外壁・屋根」が塗装であれば10年に一度くらいのペースで、再度塗装をされるとよろしいかと思います。外壁を新たに張っている物件であれば、10~15年したら塗装されるのをご検討いただければと思います。建物内の設備については、入れ替えていればしばらくは大丈夫です。生活されたなかで発生したクロスやフローリングの傷や汚れなどは適宜補修等をご検討いただければと思います。

q8 事故物件とかはありませんか?知らなくて買ってしまうことはないですか?

事前にどういった経緯でご売却されたのか、というのは確認をしておりますし、自殺や他殺また事件性のあった物件については取扱いはしておりませんのでご安心ください。万一、お客様のご検討に支障がある可能性のある事柄がありましたら、検討いただいている段階でお伝えしておりますのでご安心ください。

q9 良さそうな物件があった場合、予約したりおさえたりすることはできますか?

物件については世界に1つだけの「1点もの」になるため、購入申込が重なった場合そういったご相談をされることが多いです。購入希望者複数の場合は、先にご契約ができる方であったり、住宅ローンの事前審査を終えた方が先着になる場合が多いです。その辺は「スピード勝負」になるため、スムーズに手続きを行えるようにお手伝いさせていただきます。やはり「この物件が良い」と思った物件は、ほかの方も往々にして良いと思っている場合がありますので、気に入った物件がある場合は、早めの行動をオススメしています。